ウォーキング 効果

ウォーキングの効果

ウォーキングには様々な効能があるようですが、具体的にどんな効果があるんでしょうか?

ウォーキングをすると、自律神経が整い、体温の調整機能が高まるといった健康効果があります。

さらに20分以上ウォーキングすることで、脂肪も燃焼するため、ダイエットにも効果的!

歩くことは全身の筋肉や神経を使う動作だから運動効果も高く、筋肉を鍛えるのにも役立ちます。

ウォーキングは負荷が少ない上に、自分のペースでできる運動なので、高齢者でも手軽に始めやすいというのも魅力ですね。

ウォーキングのメリット

ウォーキングには健康効果やダイエット効果、筋トレ効果など、様々な効能がありますが、他にもまだまだメリットはあります。

ウォーキングをすることで精神面にも良い影響があり、うつ病や認知症などの予防にも効果があることが分かっているそうです。

またウォーキングには骨粗鬆症や筋減少といった老化を予防する効果も!

毎日9000歩~1万歩のウォーキングを続けていれば、2週間で脂肪を1キロ減少させることもできるそうです。

ウォーキングを続ければ、いくつになっても若々しいままでいられるかもしれませんね。

ウォーキングの注意点

ウォーキングは肉体面でも精神面でも効果効能があることが分かりましたが、だからといってウォーキングが全てよい効果を生むかと言えば、そういうことでもありません。

ウォーキングで健康や若返りなどの効果を感じたいなら、注意点を守って続ける必要があります。

どのような注意点かというと、ムリをしないこと、正しい歩き方で続けることです。

それから、ウォーキングする時、準備運動をせずにいきなり歩きだすと故障の原因になってしまうので、ストレッチをして筋肉を伸ばしてからウォーキングするようにしましょう。



TOP PAGE